プロジェクトマネージャ 平成24年春期 午前U 問5

午前U 問5

工期を短縮させるために,クリテイカルパス上の作業に"ファストトラッキング"技法を適用した対策はどれか。
  • 時間外勤務を実施する。
  • 生産性を高められる開発ツールを導入する。
  • 全体の設計が完了する前に,仕様が固まっているモジュールの開発を開始する。
  • 要員を追加投入する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » タイムマネジメント

正解

解説

ファストトラッキング技法は、開始当初の計画では直列に並んでいた作業を同時並行的に行うことで期間短縮を図る方法です。

選択肢のうち、作業を並行して行うのは「ウ」だけなので、これがファストトラッキングの適用事例となります。

ファストトラッキングとは別に、スケジュール短縮を目的とした手法にクラッシングがあります。これは「ア」「イ」「エ」のように追加資源を追加することで完了までの所要時間短縮を図る手法です。
© 2017-2018 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop