平成24年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問13

午前Ⅰ 問13解説へ
TCP/IPネットワークにおけるARPの説明として,適切なものはどれか。

  • IPアドレスからMACアドレスを得るプロトコルである。
  • IPネットワークにおける誤り制御のためのプロトコルである。
  • ゲートウェイ間のホップ数によって経路を制御するプロトコルである。
  • 端末に対して動的にIPアドレスを割り当てるためのプロトコルである。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:通信プロトコル
ARP(Address Resolution Protocol)は、IPアドレスから対応する機器のMACアドレスを取得するプロトコルです。
  1. 要求パケットに送信元のIPアドレス・MACアドレスと通信相手の IPアドレスの情報を格納して、Ethernet ネットワークにブロードキャストする。
  2. 要求パケットを受け取った各ノードは、自分の IPアドレスと同一であれば、自分の MACアドレスを送信元に伝える。
ARPはこの手順で、IPアドレスから MACアドレスを取得しています。
am1/33.gif
  • 正しい。ARPの説明です。
  • TCP(Transmission Control Protocol)の説明です。
  • RIP(Routing Information Protocol)の説明です。
  • DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)の説明です。

Pagetop