平成25年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問16

午前Ⅱ 問16解説へ
Webコンテンツの作成に当たってアクセシビリティを確保する観点から考慮すべきことはどれか。

  • キーボードだけでも操作できるように,TabキーとEnterキーでリンクを選択できるようにする。
  • どこに入力するかを分かりやすくするために,項目名の直後に入力欄を配置し,"(半角)"などの入力方法は入力欄の後ろに配置する。
  • 文字位置をそろえるために,単語の途中に空白を入れて調整する。
  • 利用者がどこを誤ったか分かるように,入力エラーがあった項目名を赤色の文字に変更した入力画面を再表示する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア方式設計・詳細設計
  • 正しい。全盲の方はマウスなどのポインティングデバイスが使えません。このためキーボードだけでもWebページを行き来できるように配慮すべきです。
  • 音声で案内するスクリーンリーダは、HTMLに記述された順番で読み上げを行います。入力方法は入力前に知らせるべき事項なので、入力欄の前に配置すべきです。
  • スクリーンリーダによっては単語間に空白文字を入れることで、意図しない読み上げをする場合があります。このため位置調整のためだけに空白を挿入することはやめるべきです。
  • Webサイトを閲覧するユーザの中には、色弱や色盲といった障害を抱える人もいます。エラー表示が色の変化だけであれば、これらの人々には違いを認識することができません。色だけに頼らない表示方法にすることで、アクセシビリティの向上が望めます。

Pagetop