平成25年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問18

午前Ⅱ 問18解説へ
ソフトウェア開発におけるプロセスモデルに関する記述として,適切なものはどれか。

  • ウォータフォールモデルでは,企画段階での誤りは,開発の初期段階でほとんど判明する。
  • スパイラルモデルによる開発では,段階的に機能追加を繰り返し,各繰返しの段階でユーザの要求を確定して機能を充実していく。
  • スパイラルモデルによる開発で用いられるプロトタイピングは,ウォータフォールモデルの欠点を補う手法であるが,要求仕様の早期の確定のためにはエンドユーザの参加は望ましくない。
  • スパイラルモデルは,プロトタイプによって仕様を確定していくことが前提となっている。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
  • ウォータフォールモデルでは、要求仕様に誤りがあった場合、顧客の受入れテストまで発見されないことが多いです。
  • 正しい。システムの部分単位に要求定義・設計・プログラミング・テストを繰り返しながら開発を進めていくモデルです。
  • プロトタイプは、開発の初期段階で試作品をつくり、利用者にそのイメージを理解させ、承認を得ながら開発を進めていく手法です。実際の利用者からのフィードバックを得るためにエンドユーザの参加が必須です。
  • プロトタイプの作成は必須ではありません。

Pagetop