平成26年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問10

午前Ⅱ 問10解説へ
プロジェクトマネジメントの実績報告のプロセスにおいて,スコープ,コスト,スケジュールに関して,ベースラインと実績のかい離を明確にするために使用される技法はどれか。

  • what-ifシナリオ分析
  • 傾向分析
  • 差異分析
  • モンテカルロ分析
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトの統合
  • what-ifシナリオ分析は「もし○○が起こったらどうなるか」という質問に基づき、ある状況を想定してリスク、コスト、スケジュールなどの変化を分析する手法です。
  • 傾向分析は、プロジェクトの実績を定期的に分析することで、時間経過に伴うプロジェクトのパフォーマンスの変動を調べる手法です。
  • 正しい。差異分析は、計画と実績を比較することで両者の隔たりを確認したり、差異の原因を把握したりする手法です。
  • モンテカルロ分析は、プロジェクト中の不確実な値(変数)に想定される範囲内の乱数を与えて反復シミュレーションを行うことで、リスクやスケジュールの確率分布を得る手法です。

Pagetop