平成26年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問6

午前Ⅱ 問6解説へ
PMBOKのプロジェクトスコープマネジメントにおいて,WBSの作成に用いるローリングウェーブ計画法の説明はどれか。

  • WBSを補完するため,WBS要素ごとに詳細な作業の内容などを記述する。
  • 過去に実施したプロジェクトのWBSをテンプレートとして,新たなWBSを作成する。
  • 将来実施されるサブプロジェクトについては,上位レベルのWBSにとどめておき,詳細が明確になってから,要素分解して詳細なWBSを作成する。
  • プロジェクトの作業をより詳細化するために,WBSの最下位レベルの作業内容や要素成果物を定義する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトのスコープ
ローリングウェーブ計画法は、WBSを作成する際、最下位レベルまで詳細化するのは直近に実施される作業のみとし、将来実施される部分については上位レベルまでに留めておくというように段階的に詳細化していく手法です。
プロジェクト実施中には様々な変更や変化が生じます。最初に詳細化した計画のまま全てが進むのが理想的ですが、実際はそうもいきません。ローリングウェーブ計画法では、詳細化の範囲を近い将来に実施するものに絞ることで、変化に応じた計画を立てられる利点があります。
  • WBS辞書の説明です。
  • WBSテンプレートの説明です。
  • 正しい。ローリングウェーブ計画法の説明です。
  • ワークパッケージの説明です。

この問題の出題歴


Pagetop