平成29年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問1

午前Ⅱ 問1解説へ
プロジェクトのスケジュールを管理するときに使用する"クリティカルチェーン法"の実施例はどれか。

  • クリティカルパス上の作業に生産性を向上させるための開発ツールを導入する。
  • クリティカルパス上の作業に要員を追加投入する。
  • クリティカルパス上の先行作業が終了する前に後続作業に着手し,並行して実施する。
  • クリティカルパスを守るために,合流バッファとプロジェクトバッファを設ける。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトの時間
クリティカルチェーン法は、クリティカルパス法の考え方にプロジェクト資源の制約の概念を加えて最短完了日数を算出する手法です。

クリティカルチェーン法では、個々の作業にバッファ(安全余裕時間)をもたせず、バッファをプロジェクト全体で管理します。プロジェクトのクリティカルパスを守るために、クリティカルチェーンの最後に配置されるものを「プロジェクトバッファ」、クリティカルパス上にない作業の遅れが、クリティカルパス上のタスクに影響を与えることを防ぐために合流地点に配置されるものを「合流バッファ」といいます。
  • クラッシングの実施例です。
  • クラッシングの実施例です。
  • ファストトラッキングの実施例です。
  • 正しい。クリティカルチェーン法の実施例です。

この問題の出題歴


Pagetop