平成29年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問11

午前Ⅱ 問11解説へ
アジャイル型開発プロジェクトの管理に用いるベロシティの説明はどれか。

  • 開発規模を見積もる際の規模の単位であり,ユーザストーリ同士を比較し,相対的な量で表すものである。
  • 完了待ちのプロダクト要求事項と成果物を組み合わせたものをビジネスにおける優先度順に並べたものである。
  • 定められた期間で完了した作業量と残作業量をグラフにして進捗状況を表すものである。
  • チームの生産性の測定単位であり,定められた期間で製造,妥当性確認,及び受入れが行われた成果物の量を示すものである。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトのコスト
  • ストーリーポイントの説明です。
  • プロダクトバックログの説明です。
  • バーンダウンチャートの説明です。
  • 正しい。ベロシティ(velocity)は「実計測に基づいた一定の時間内における作業量」、すなわちチームが1回のイテレーションで完了させたユーザーストーリーのストーリーポイントの合計値を示します。

Pagetop