平成30年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問12

午前Ⅰ 問12解説へ
クロスサイトスクリプティングの手口はどれか。

  • Webアプリケーションのフォームの入力フィールドに,悪意のあるJavaScriptコードを含んだデータを入力する。
  • インターネットなどのネットワークを通じてサーバに不正にアクセスしたり,データの改ざんや破壊を行ったりする。
  • 大量のデータをWebアプリケーションに送ることによって,用意されたバッファ領域をあふれさせる。
  • パス名を推定することによって,本来は認証された後にしかアクセスが許可されていないページに直接ジャンプする。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
クロスサイトスクリプティング(XSS)は、動的にWebページを生成するアプリケーションのセキュリティ上の不備を意図的に利用して、悪意のあるスクリプトを混入させることで、攻撃者が仕込んだ操作を実行させたり、別のサイトを横断してユーザのクッキーや個人情報を盗んだりする攻撃手法です。

XSS脆弱性のあるWebアプリケーションでは、以下の影響を受ける可能性があります。
  1. サイト攻撃者のブラウザ上で、攻撃者の用意したスクリプトの実行によりクッキー値を盗まれ、利用者が被害にあう。
  2. 同様にブラウザ上でスクリプトを実行され、サイト利用者の権限でWebアプリケーションの機能を利用される。
  3. Webサイト上に偽の入力フォームが表示され、フィッシングにより利用者が個人情報を盗まれる。
  • 正しい。クロスサイトスクリプティングの手口です。
  • クラッキングの手口です。
  • バッファオーバフロー攻撃の手口です。
  • ディレクトリトラバーサル攻撃の手口です。

Pagetop