平成30年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問5

午前Ⅰ 問5解説へ
4種類の装置で構成される次のシステムの稼働率は,およそ幾らか。ここで,アプリケーションサーバとデータベースサーバの稼働率は0.8であり,それぞれのサーバのどちらかが稼働していればシステムとして稼働する。また,負荷分散装置と磁気ディスク装置は,故障しないものとする。
am1/16.gif

  • 0.64
  • 0.77
  • 0.92
  • 0.96
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
4種類の装置のうち、負荷分散装置と磁気ディスク装置は故障しないので、システム全体の稼働率はアプリケーションサーバ(以下、APサーバ)とデータベースサーバ(以下、DBサーバ)の部分だけによって決まります。そしてAPサーバとDBサーバは、2台のうちどちらかが稼働していればよいため、下図のように2台が並列に接続されているものと見なせます。
am1/16_1.gif
装置単体の稼働率がRのとき、2台が並列に接続されている場合の全体としての稼働率は「1-(1-R)2」、直列の場合は「R2」で求められます。この公式を使って、まずは並列で接続されている部分の稼働率を計算します。

 1-(1-0.8)2
=1-0.04=0.96

APサーバ群、DBサーバ群の稼働率はともに0.96とわかります。そして稼働率0.96のサーバ群同士が直列で接続されているので、システム全体としての稼働率は、

 0.96×0.96=0.9216≒0.92

したがって「ウ」が正解です。
am1/16_2.gif

Pagetop