平成30年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問2

午前Ⅱ 問2解説へ
プロジェクトマネジメントにおけるプロジェクト憲章の説明として,適切なものはどれか。

  • 組織のビジョン,目標及びビジネスニーズとともに,プロジェクトが提供するプロダクト,サービス,又は所産の特性を明確にした文書
  • どのようにプロジェクトを実施し,監視し,コントロールするのかを定めるために,プロジェクトを実施するためのベースライン,並びにプロジェクトの実行,コントロール,及び終結する方法を明確にした文書
  • プロジェクトの最終状態を定義することによって,プロジェクトの目的,成果物,要求事項及び境界を含むプロジェクトスコープを明確にした文書
  • プロジェクトを正式に承認する文書であり,プロジェクトマネージャを特定して適切な責任と権限を明確にし,ビジネスニーズ,目標,期待される結果などを明確にした文書
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:統合マネジメント
プロジェクト憲章は、プロジェクトの存在を公式に認可し、プロジェクト活動に組織の資源を適用する権限をプロジェクトマネージャに与えるための文書です。プロジェクト憲章が承認されると、プロジェクトが公式に開始します。
  • プロダクトスコープ記述書の説明です。
  • プロジェクトマネジメント計画書の説明です。
  • プロジェクトスコープ記述書の説明です。
  • 正しい。プロジェクト憲章の説明です。

Pagetop