平成31年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問11

午前Ⅱ 問11解説へ
プロジェクト管理で使用する分析技法のうち,傾向分析の説明はどれか。

  • 個々の選択肢とそれぞれを選択した場合に想定されるシナリオの関係を図に表し,それぞれのシナリオにおける期待値を計算して,最善の策を選択する。
  • 個々のリスクが現実のものとなったときの,プロジェクトの目標に与える影響の度合いを調べる。
  • 時間の経過に伴うプロジェクトのパフォーマンスの変動を分析する。
  • 発生した障害とその要因の関係を魚の骨のような図にして分析する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトの統合
傾向分析は、プロジェクトの実績を定期的に分析することで、時間経過に伴うプロジェクトのパフォーマンスの変動を調べる手法です。傾向を視覚的に把握するために「ランチャート」と呼ばれる、データを発生順に打点し、それを直線で結んだ折れ線グラフが用いられることがあります。
  • デシジョンツリーを用いたEMV分析の説明です。
  • what-if分析の説明です。
  • 正しい。傾向分析の説明です。
  • 特性要因図の説明です。

この問題の出題歴


Pagetop