平成21年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問7

午前Ⅱ 問7解説へ
個々の内容の軽重に注目して,展開順序を決める文章の構成法がある。この構成法に従っているものはどれか。

  • 幾つかの事例を示した後に,システムがもつべき機能を説明する。
  • 業務処理の流れに沿って,システムの操作方法を説明する。
  • プログラムの問題点を分析し,解決策と代替案を検討し,解決策を説明する。
  • 利用頻度の高いものから,システムの機能を説明する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトのコミュニケーション
個々の内容の軽重に注目して、展開順序を決める文章の構成法を「軽重順序法」といいます。重要度の高いものから低いもの、簡単なものから複雑なもの、というように個々の事例の重さ(重要度)の度合い順に文章を展開していきます。
  • 帰納的順序法の構成法です。
  • 時間的順序法の構成法です。
  • 問題解決順序法の構成法です。
  • 正しい。利用頻度の高いものから低いものへと順に展開していくため軽重順序法の構成法です。

Pagetop