平成28年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問12

午前Ⅱ 問12解説へ
プロジェクトにどのツールを導入するかを,EMV(期待金額価値)を用いて検討する。デシジョンツリーが次の図のとき,ツールAを導入するEMVがツールBを導入するEMVを上回るのは,Xが幾らより大きい場合か。
12.gif

  • 120
  • 150
  • 200
  • 240
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトのリスク
EMV(期待金額価値)は、起こり得る場合ごとに効果額と発生確率を掛け、それを総和した金額から投資額を減じたものになります。

 EMV=Σ(効果額×発生確率)-投資額
=(効果額1×発生確率1)+(効果額2×発生確率2)+…+(効果額n×発生確率n)-投資額

[ツールA]
 X×0.6+90×0.4-120=0.6X-84(万円)

[ツールB]
 120×0.6+60×0.4-60=72+24-60=36(万円)

ツールAのEMVがツールBのEMVを上回るために必要となるXの値を不等式で求めます。

 0.6X-84>36
 0.6X>120
 X>200(万円)

したがって「ウ」が正解です。

この問題の出題歴


Pagetop