平成30年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問19

午前Ⅱ 問19解説へ
ITIL 2011 editionによれば,インシデントに対する一連の活動のうち,イベント管理プロセスが分担する活動はどれか。

  • インシデントの発生後に,その原因などをエラーレコードとして記録する。
  • インシデントの発生後に,問題の根本原因を分析して記録する。
  • インシデントの発生時に, ITサービスを迅速に復旧するための対策を講じる。
  • インシデントの発生を検知して,関連するプロセスに通知する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:サービスマネジメント
小分類:サービスマネジメントプロセス
イベント管理プロセスとは、ITILのサービスオペレーションに属し、イベントのライフサイクルを通した管理を責務とするプロセスです。イベント管理プロセスは、IT資産から生じるすべてのイベントをモニタリングし、その意味を判断し、それを適切な管理プロセスにエスカレーションする役割を担います。

したがって「エ」が適切な記述です。
  • 問題管理プロセスの活動です。既知のエラーを登録するデータベースを「既知のエラーデータベース(KEDB)」「といいます。
  • 問題管理プロセスの活動です。
  • インシデント管理プロセスの活動です。
  • 正しい。イベント管理プロセスの活動です。

Pagetop