平成25年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問6

午前Ⅱ 問6解説へ
PMBOKのプロジェクトスコープマネジメントにおいて作成するプロジェクトスコープ記述書の説明のうち,適切なものはどれか。

  • インプット情報として与えられるWBSやスコープベースラインを用いて,プロジェクトのスコープを記述する。
  • プロジェクトのスコープに含まれないものは,記述の対象外である。
  • プロジェクトの要素成果物と,これらの要素成果物を生成するために必要な作業について記述する。
  • プロジェクトの予算見積りやスケジュール策定をして,これらをプロジェクトの前提条件として記述する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:プロジェクトのスコープ
プロジェクト・スコープ記述書は、プロジェクトの実施範囲や境界を明確にするために作成する文書です。PMBOKガイド第6版では、プロジェクト・スコープ記述書を「プロジェクト・スコープ、主要な成果物、前提条件や制約条件などを記述した文書」と定義しています。

PMBOKガイド第6版によれば、プロジェクト・スコープ記述書への記述項目は次の4つです。
  • プロダクト・スコープ記述書
  • 成果物
  • 受入基準
  • プロジェクトからの除外事項
プロジェクト・スコープ記述書は、これをもとに作成されるWBS・WBS辞書と合わせてスコープベースラインを構成します。
06.gif
  • プロジェクトスコープ記述書はWBSの前段階で作成される文書です。
  • プロジェクトの境界を明確にするための文書なので、プロジェクトの成果物だけでなく除外事項も記述されます。
  • 正しい。
  • 予算見積もりはコストマネジメントで、スケジュール策定はタイムマネジメントで実施する作業です。

この問題の出題歴


Pagetop