プロジェクトマネージャ令和3年秋期 午前U 問22

午前U 問22

技術者倫理におけるホイッスルブローイングの説明として,適切なものはどれか。
  • 画期的なアイディアによって経済・社会に大きな変革をもたらすこと
  • コミュニケーションを通じて自ら問題を解決できる人材を育成すること
  • 法令又は社会的規範を逸脱する行為を第三者などに知らしめること
  • リスクが発生したときの対処方法をあらかじめ準備しておくこと

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

ホイッスルブローニングとは、警笛を鳴らすことに由来する言葉で、技術者が組織内の不正行為や法令違反を見つけたとき、公益の保護を目的として、それを広く第三者に知らせるため開示(内部告発)することをいいます。
技術者には、公衆の利益を優先する姿勢が求められており、その業務の遂行に当たり公衆の利益と利害関係者の利益が相反した場合には、公衆の利益を守ることを最優先して対処しなければなりません。ホイッスルブローイングは、この公衆の利益の優先に叶う行動と言えます。

したがって「ウ」が適切です。
© 2017-2022 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop