プロジェクトマネージャ令和4年秋期 午前T 問17

午前T 問17

スクラムのスプリントにおいて,(1)〜(3)のプラクティスを採用して開発を行い,スプリントレビューの後にKPT手法でスプリントレトロスペクティブを行った。"KPT"の"T"に該当する例はどれか。

〔プラクティス〕
  • ペアプログラミングでコードを作成する。
  • スタンドアップミーティングを行う。
  • テスト駆動開発で開発を進める。
  • 開発したプログラムは欠陥が少なかったので,今後もペアプログラミングを継続する。
  • スタンドアップミーティングにメンバー全員が集まらないことが多かった。
  • 次のスプリントからは,スタンドアップミーティングにタイムキーパーを置き,終了5分前を知らせるようにする。
  • テストコードの作成に見積り以上の時間が掛かった。
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和4年秋期 問50と同題

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

スクラムガイドによれば、スプリントレトロスペクティブ(スプリント後に行われるふりかえり)では、①スプリント中に何がうまくいったか、②どのような問題が発生したか、そしてそれらの③問題がどのように解決されたか(または解決されなかったか)について話し合うとされています。

KPT(ケプト)手法は、ふりかえりの際に、継続すべき良かった点(KeeP)、発生した問題(Problem)、今後試したいこと(Try)を開発チーム全員で考えるフレームワークです。

KPTの"T"は今後試したいことなので、次のスプリントからの新しい施策である「ウ」が該当します。
  • K(KeeP)に該当します。
  • P(Problem)に該当します。
  • 正しい。T(Try)に該当します。
  • P(Problem)に該当します。
© 2017-2022 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop