プロジェクトマネージャ令和4年秋期 午前U 問18

午前U 問18

ある業務を新たにシステム化するに当たって,A〜Dのシステム化案の初期費用,運用費及びシステム化によって削減される業務費を試算したところ,表のとおりであった。システムの利用期間を5年とするとき,最も投資利益率の高いシステム化案はどれか。ここで,投資利益率は次式によって算出する。また,利益の増加額は削減される業務費から投資額を減じたものとし,投資額は初期費用と運用費の合計とする。

 投資利益率=利益の増加額÷投資額
18.gif/image-size:493×180

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの設計・移行

正解

解説

利益の増加額は、削減される業務費からシステムの費用(初期費用+運用費)を差し引いた額となります。

[A案]
5年間で削減される業務費 25×5年=125
5年間のシステムの費用 30+(4×5年)=50
利益の増加額 125−50=75
よって、投資利益率は「75÷50=1.5」となります。

[B案]
5年間で削減される業務費 20×5年=100
5年間のシステムの費用 20+(6×5年)=50
利益の増加額 100−50=50
よって、投資利益率は「50÷50=1」となります。

[C案]
5年間で削減される業務費 15×5年=75
5年間のシステムの費用 20+(4×5年)=40
利益の増加額 75−40=35
よって、投資利益率は「35÷40=0.875」となります。

[D案]
5年間で削減される業務費 22×5年=110
5年間のシステムの費用 15+(5×5年)=40
利益の増加額 110−40=70
よって、投資利益率は「70÷40=1.75」となります。

したがって、最も投資利益率の高いシステム化案は「D」となります。
© 2017-2022 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop