プロジェクトマネージャ令和4年秋期 午前U 問3

午前U 問3

JIS Q 21500:2018(プロジェクトマネジメントの手引)において,管理のプロセス群を構成するプロセスのうち,WBSが主要なインプットの一つとして示されているものはどれか。
  • スコープの管理
  • 品質管理の遂行
  • 変更の管理
  • リスクの管理

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトのスコープ

正解

解説

管理のプロセス群は、実行中のプロジェクトの状況を計画と比較し、パフォーマンスを監視し、測定し、管理するプロセスの集まりです。

WBSは、プロジェクトで行う作業を階層化して網羅したものであり、主にスコープマネジメントで使用されます。スコープの管理は、現在のスコープの状況が計画を逸脱していないかどうか監視するとともに、スコープの変更によるプロジェクトへの影響を最小化することを目的としたプロセスですので、プロセスを実行するための基礎となる情報として行うべき作業・作成すべき成果物が記載されたWBSが必要となります。スコープの管理の主要なインプットとしては、WBS以外に、進捗データ、スコープ規定書及び活動リストが示されています。

したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • 品質管理の遂行の主要なインプットは、進捗データ、成果物及び品質計画です。
  • 変更の管理の主要なインプットは、プロジェクト計画と変更要求です。
  • リスクの管理の主要なインプットは、リスク登録簿、進捗データ、プロジェクト計画及びリスク応答です。
© 2017-2022 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop