プロジェクトマネージャ 平成22年春期 午前U 問21

午前U 問21

ITILv3における変更管理プロセスの考え方のうち,適切なものはどれか。
  • ITサービスへの影響を把握するために,すべての変更要求は変更諮問委員会(CAB)で承認又は却下する。
  • 公平性を保つために,緊急な変更要求以外は到着した順に処理する。
  • パスワードの更新や再設定は,変更要求として管理する。
  • 変更諮問委員会(CAB)だけではなく,緊急時の決定を下す権限を有する小規模な組織を特定しておくことも必要である。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメントプロセス

正解

解説

  • ITILでは変更要求を「通常の変更」「緊急的な変更」「標準的な変更」の3つに分類しています。このうち比較的よくあり、変更の際のリスクが小さく、事前に許可され、手順が確立している「標準的な変更」については実施に伴う変更管理は必要ありません。
  • 通常の変更要求に対しても、業務への影響度やリスクの大きさに応じて優先度を割り当てます。
  • 一般的にパスワードの更新や再設定は「標準的な変更」に該当するため、変更要求として管理する必要はありません。
  • 正しい。変更諮問委員会は、通常、ITサービスプロバイダ、事業、サードパーティのすべての領域の代表者で構成されます。緊急時においては直ぐに全員を集めることが難しいため、迅速な変更について意思決定を行う下位グループを設けておくことが求められます。このグループは変更諮問委員会の下位グループにあたり緊急変更諮問委員会(ECAB)と呼ばれます。
変更諮問委員会(CAB)
変更のアセスメント、優先度付け、許可、およびスケジューリングを支援する人々のグループ
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop