プロジェクトマネージャ 平成22年春期 午前U 問24

午前U 問24

プロジェクトマネージャのP氏は,A社から受託予定のソフトウェア開発を行うために,X社から一時的な要員派遣を受けることを検討している。労働者派遣法に照らして適切なものはどれか。
  • 厳しいスケジュールが見込まれることから,X社へ瑕疵担保責任を負わせる契約案を提示した。
  • 前回委託した際にプロジェクトの成功に大きく貢献したX社のY氏の参加を契約の条件とした。
  • 派遣される要員のスキルを適切に判断しようと考え,事前にX社の派遣候補者を面接した。
  • 派遣者への業務指示など,派遣に伴う各種業務をP氏が直接行うことをX社に伝えた。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 労働関連・取引関連法規

正解

解説

  • 派遣先企業の指揮命令によって業務を行わせる性質上、派遣契約では派遣元企業に瑕疵担保責任は生じません。
  • 派遣法では労働者を特定するための行為を禁止しているため不適切です。
  • 「イ」と同様に派遣先企業が事前に労働者を面接で選ぶ行為は派遣法に違反します。
  • 正しい。派遣元企業であるX社の従業員は、派遣先企業の責任者であるP氏の指揮命令によって作業に従事することになります。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop