プロジェクトマネージャ 平成22年春期 午前U 問7

午前U 問7

プロジェクト期間の80%を経過した時点での進捗率が70%,発生したコストは8,500万円であった。完成時総予算は1億円であり,プランドバリューはプロジェクトの経過期間に比例する。このときの適切な分析結果はどれか。
  • アーンドバリューは8,500万円である。
  • コスト差異は−1,500万円である。
  • 実コストは7,000万円である。
  • スケジュール差異は−500万円である。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » タイムマネジメント

正解

解説

  • アーンドバリュー(Earned Value:EV)は、現時点までに完了した作業に割り当てられていた予算です。完成時予算が1億円で現時点までで全体の70%の作業が終了しているので、
     EV=1(億円)×0.7=7,000(万円)
    したがって誤りです。
  • 正しい。コスト差異(CV)は、EV−ACで求められます。EV:7,000万円、AC:8,500万円なので、
     7,000−8,500=−1,500(万円)
    したがって適切です。
  • 実コスト(Actual Cost:AC)は、現時点までに実際に投入した総コストを表すので8,500万円です。したがって誤りです。
  • スケジュール差異(SV)は、EV−PVで求められます。PV(Planned Value)は、プロジェクト開始当初、現時点までに計画されていた作業に対する予算です。完成時予算1億円のプロジェクトが開発予定期間の80%を経過したので、PVは以下のように計算できます。
     PV=1(億円)×0.8=8,000(万円)
     SV=7,000−8,000=−1,000(万円)
    したがって誤りです。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop