プロジェクトマネージャ平成23年特別 午前U 問19

午前U 問19

共通フレーム2007の保守プロセスにおいて修正分析を行い,既存システムの通信ミドルウェアを改修することとした。改修をソフトウェア要件定義アクティビティから始めるとき,最後に実行するアクティビティとして,適切なものはどれか。
  • 運用テスト
  • システム適格性確認テスト
  • ソフトウェア結合
  • ソフトウェア適格性確認テスト

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

共通フレーム2007における設計工程とテスト工程は以下のように対応しています。
19.gif/image-size:503×316
この事例では、改修がソフトウェア要件定義のレベルから開始しているため、最後のアクティビティはこれに対応する「ソフトウェア適格性確認テスト」になります。したがって正解は「エ」です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop