プロジェクトマネージャ平成23年特別 午前U 問22

午前U 問22

IT投資案件において,投資効果をPBP(Pay Back Period)で評価する。投資額が500のとき,期待できるキャッシュインの四つのシナリオa〜dのうち,最も投資効率が良いものはどれか。
22.gif/image-size:325×273

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

PBPは、投資効果によって投資額を回収できるまでの期間で比較する方法です。最も早く回収できる案が採用候補となります。各案が投資額500を回収するまでに要する年数は次の通りです。
  1. 100+150+200+250≧500(4年目)
  2. 100+200+300≧500(3年目)
  3. 200+150+100+150≧500(4年目)
  4. 300+200≧500(2年目)
したがって投資額を最も早く回収可能なd案が最も良いと判定されます。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop