プロジェクトマネージャ平成24年春期 午前U 問13

午前U 問13

顧客に対して自社製品のプレゼンテーションを行うことになった。このとき,同業他社における複数の導入成功事例を挙げ,この製品を導入することで大きな効果が期待できることを訴求したい。このプレゼンテーションで使用するストーリ構成法として適切なものはどれか。
  • 演繹的構成法
  • 帰納的構成法
  • 重点順位構成法
  • 難易構成法

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » コミュニケーションマネジメント

正解

解説

  • 演繹的構成法は、一般的な事柄である「大前提」から話し始め、次により具体的な「小前提」を示し、最後にそれらから論理的に「結論」を導くという三段論法で話を進める構成法です。
  • 正しい。帰納的順序法は、幾つかの事例を示した後に結論を説明する構成法です。他社の成功事例を幾つか紹介し、自社の製品導入を訴求したいので帰納的構成法が適しています。
  • 重点順位構成法は、重要度の順に話を進めていく構成法です。
  • 難易構成法は、易しい方から難しい方へ、またその逆というように難易度順で話を進めていく構成法です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop