プロジェクトマネージャ 平成24年春期 午前U 問17

午前U 問17

開発ライフサイクルモデルとして,ウォータフォールモデル,進化的モデル,スパイラルモデルの三つを考える。ソフトウェア保守は,どのモデルを採用したときに必要か。
  • ウォータフォールモデルだけ
  • ウォータフォールモデルと進化的モデルだけ
  • ウォータフォールモデルとスパイラルモデルだけ
  • ウォータフォールモデル,進化的モデル,スパイラルモデルの全て

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

各開発モデルの説明は次の通りです。
ウォータフォールモデル
それぞれの作業ステップを1回だけ通して行う。利用者ニーズの決定から始まって、要件定義、システムの設計、システムの作成、テスト、修正、導入、そして運用・保守に至る。
17_1.gif/image-size:444×60
進化的モデル
部分的に定義された要求から開始し、後続の複数のビルドごとに毎回要求を洗練させていく。最初のビルドは、要求の一部だけを開発する。その次のビルドは、別の要求を追加して開発する。これをシステムが完成するまで続ける。
17_2.gif/image-size:253×80
スパイラルモデル
システム全体を独立性の高いサブシステムに分割し、その部分単位に要求定義、設計、開発、テスト、導入を繰り返しながら行われる開発手法。
17_3.gif/image-size:253×80
どの開発モデルでもソフトウェア保守は必要なプロセスです。したがって「エ」が正解です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop