プロジェクトマネージャ 平成26年春期 午前U 問16

午前U 問16

ソフトウェアの潜在エラー数を推定する方法の一つにエラー埋込み法がある。100個のエラーを故意にプログラムに埋め込んだとき,そのエラーの存在を知らない検査グループが30個のエラーを発見した。そのうち20個は故意に埋め込んでおいたものであった。この時点で,このプログラムには埋込みエラーを除く残存エラー数は幾つと推定できるか。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

故意に埋め込んだ100個のうち検査では20個が発見されたので、バグ検出率は20%です。潜在エラー数についても、埋め込みエラーと同じ検出率であったと仮定すると、潜在エラー数全体N、検出率20%、検査での発見数10個の間には次の関係が成り立ちます。

 N×0.2=10
 N=50(個)

既に検査で10個のエラーを発見済なので、埋込みエラーを除く残存エラー数は50から10を減じた40個です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop