プロジェクトマネージャ 平成29年春期 午前U 問16

午前U 問16

製品を出荷前に全数検査することによって,出荷後の故障数を減少させ,修理費用を低減させたい。次の条件で全数検査を行ったときに低減させられる費用は何万円か。ここで,検査時に故障が発見された製品は修理して出荷するものとする。

〔条件〕
  • 製造する個数:500個
  • 全数検査を実施しなかった場合の,出荷個数に対する故障品の発生率:3%
  • 全数検査における,製造個数に対する故障品の発生率:2%
  • 全数検査を実施した場合の,出荷個数に対する故障品の発生率:1%
  • 検査費用:1万円/個
  • 出荷前の故障品の修理費用:50万円/個
  • 出荷後の故障品の修理費用:200万円/個

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » 品質マネジメント

正解

解説

まず全数検査をしなかった場合の修理費用を計算します。
製造個数が500個、故障率が3%、出荷後の修理費用が200万円/個なので、

 500×0.03×200=3,000(万円)

次に全数検査を実施した場合の修理費用を考えます。
検査により500個中2%に故障が発見されるので、検査費用(1万円/個)を合わせた製造段階での費用を計算します。

 500×0.02×50+500=1,000(万円)

製造段階で故障が発見されたものも合わせて500個を出荷し、そのうち1%に故障が発見されるので出荷後の費用は次のようになります。

 500×0.01×200=1,000(万円)

したがって検査をした場合の修理費用は、

 1,000+1000=2,000(万円)

となります。

検査をしなかった場合の修理費用は3,000万円だったので、検査の実施によって低減できる費用は1,000万円です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop