プロジェクトマネージャ平成30年春期 午前T 問4

問4

メモリインタリーブの説明として,適切なものはどれか。
  • 主記憶と外部記憶を一元的にアドレス付けし,主記憶の物理容量を超えるメモリ空間を提供する。
  • 主記憶と磁気ディスク装置との間にバッファメモリを置いて,双方のアクセス速度の差を補う。
  • 主記憶と入出力装置との間でCPUとは独立にデータ転送を行う。
  • 主記憶を複数のバンクに分けて,CPUからのアクセス要求を並列的に処理できるようにする。
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    平成30年春期 問11と同題

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

メモリインタリーブは、物理上はひとつである主記憶領域を、同時アクセス可能な複数の論理的な領域(バンク)に分け、それぞれのバンクに対してデータの読み書きを並列で行うことにより、メモリアクセスの高速化を図る技術です。メモリインタリーブでは、奇数アドレスはバンク1、偶数アドレスはバンク2というように、連続したアドレスを複数のバンクに割り振っていきます。通常は、連続するアドレスに次々とアクセスされることが多いため、見かけ上並列アクセスしているようになり、実効アクセス時間が短くなります。「主記憶に並列アクセス」ときたらメモリインタリーブです。
am1/11.gif/image-size:265×226
  • 仮想記憶の説明です。
  • ディスクバッファの説明です。
  • DMA制御方式の説明です。
  • 正しい。メモリインタリーブの説明です。
© 2017-2023 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop