プロジェクトマネージャ 平成30年春期 午前U 問13

午前U 問13

プロジェクトで発生している品質問題を解決するに当たって,図を作成して原因の傾向を分析したところ,発生した問題の80%以上が少数の原因で占められていることが判明した。作成した図はどれか。
  • 管理図
  • 散布図
  • 特性要因図
  • パレート図

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » 品質マネジメント

正解

解説

パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用します。
13.gif/image-size:415×230
  • 管理図は、工程の状態や品質を時系列に表した図であり,工程が安定した状態にあるかどうかを判断するために使用します。
  • 散布図は、二つの特性を横軸と縦軸にとり測定値を打点した図であり,それらの相関を判断するために使用します。
  • 特性要因図は、矢印付き大枝の先端に特性を、中枝、小枝に要員を表した図であり、要因同士の因果関係を分析するために使用します。
  • 正しい。
© 2017-2018 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop