プロジェクトマネージャ 平成30年春期 午前U 問24

午前U 問24

公開鍵暗号方式を使った暗号通信をn人が相互に行う場合,全部で何個の異なる鍵が必要になるか。ここで,一組の公開鍵と秘密鍵は2個と数える。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

公開鍵暗号方式では、復号鍵(秘密鍵)を正規の受信者が保持し、暗号化鍵(公開鍵)を複数の送信者に向けて公開します。この方式では送信者:受信者=n:1の場合、送信者が幾ら多くなろうとも秘密鍵と公開鍵が一組あれば暗号通信を行うこと可能です。
n人が相互に暗号を使って通信する場合、秘密鍵を保持する受信者はn人ですので必要となる秘密鍵はn個です。さらにこれらの秘密鍵に対応する公開鍵がn個必要になるため、鍵の総数はn+n=2n個となります。

ちなみに共通鍵暗号方式では、同じ条件の場合にn(n-1)/2個の鍵が必要となります。
© 2017-2018 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop