プロジェクトマネージャ平成31年春期 午前U 問3

午前U 問3

工程管理図表の特徴に関する記述のうち,ガントチャートのものはどれか。
  • 計画と実績の時間的推移を表現するのに適し,進み具合及びその傾向がよく分かり,プロジェクト全体の費用と進捗の管理に利用される。
  • 作業の順序や作業相互の関係を表現したり,重要作業を把握したりするのに適しており,プロジェクトの作業計画などに利用される。
  • 作業の相互関係の把握には適さないが,作業計画に対する実績を把握するのに適しており,個人やグループの進捗管理に利用される。
  • 進捗管理上のマイルストーンを把握するのに適しており,プロジェクト全体の進捗管理などに利用される。
  • [この問題の出題歴]
  • プロジェクトマネージャ H22春期 問4
  • プロジェクトマネージャ H24春期 問4
  • プロジェクトマネージャ H27春期 問8
  • プロジェクトマネージャ H29春期 問8

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » タイムマネジメント

正解

解説

ガントチャート(Gantt Chart)は、棒グラフの一種で予定と実績を2本の横棒で表した図です。進捗状況を視覚的に把握することができるのでスケジュール管理などに用いられます。
03.gif/image-size:469×224
  • EVM(Earned Value Management)の特徴です。ガントチャートでは費用の管理ができません。
  • アローダイアグラムの特徴です。ガントチャートでは作業同士の前後関係や作業の優先度を表現できません。
  • 正しい。作業間の関係を明確に表すことはできませんが、進捗状況をに把握できます。
  • トレンドチャートまたはマイルストーンチャートの特徴です。ガントチャートは個々の作業の進捗管理には適していますが、プロジェクト全体の進捗管理には適しません。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop