プロジェクトマネージャ平成31年春期 午前U 問5

午前U 問5

JIS Q 21500:2018(プロジェクトマネジメントの手引)によれば,対象群"リスク"の活動内容のうち,プロセス"リスクへの対応"で実施するものはどれか。
  • プロジェクトの混乱を最小限にするために,リスク対応の有効性を評価しながらのリスク対応の進捗をレビューする。
  • プロジェクトの目標への脅威を軽減するために,プロジェクトの予算及びスケジュールに資源と活動を投入することによって,リスクを扱う。
  • プロジェクトのライフサイクルを通じて,プロジェクトの目標に影響を与えることがあるリスク事象及びその特性の決定を繰り返す。
  • リスクの優先順位を定めるために,各リスクの発生確率及びそのリスクが発生した場合にプロジェクトの目標に及ぼす結果を推定する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトのリスク

正解

解説

JIS Q 21500:2018は、PMBOKをベースにしたプロジェクトマネジメントの国際規格であるISO 21500のJIS版です。PMBOKとほぼ同じ内容ですが、ルールや技法の説明は含まれていません。

本規格において対象群"リスク"は、「脅威及び機会を特定し,マネジメントするために必要なプロセスを含む」と定義されており、リスクの特定、リスクの評価、リスクへの対応、リスクの管理という4つのプロセスを含みます。選択肢の4つの作業が上記の4つのプロセスと対応します。
  • リスクの管理で実施するものです。
  • 正しい。リスクへの対応で実施するものです。
  • リスクの特定で実施するものです。
  • リスクの評価で実施するものです。
© 2017-2021 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop