プロジェクトマネージャ令和3年秋期 午前U 問9

午前U 問9

ソフトウェアの規模の見積り方法のうち,利用者機能要件と機能プロセスに着目して,機能プロセスごとに①〜③の手順で見積りを行うものはどれか。

  1. データ移動を型として識別し,エントリ,エグジット,読込み及び書込みの4種類に分類する。
  2. データ移動の型ごとに,その個数に単位規模を乗じる。
  3. ②で得た型ごとの値の合計を,機能プロセスの機能規模とする。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトのコスト

正解

解説

  • COCOMOは、予想されるプログラム行数にエンジニアの能力や要求の信頼性などの補正係数を掛け合わせて開発工数、期間、要員および生産性を見積もる手法です。
  • 正しい。COSMIC法は、外部からソフトウェアの入力(エントリ)及び出力(エグジット)と、ソフトウェアから永続的ストレージへの読込み及び書込みという4種類のデータ移動をカウントし、その個数にそれぞれの単位規模を乗じて機能プロセスの規模を見積もる手法です。JIS X 0143として標準化されています。
  • 積み上げ法は、システムの機能をモジュール単位に分割した後、モジュールごとの工数を割り出し、それを足し合わせて全体の工数とする方法です。
  • 類推法は、従来開発した類似システムをベースに相違点を洗い出して、システム開発工数を見積もる方法です。
© 2017-2022 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop