プロジェクトマネージャ平成22年春期 午前U 問13

午前U 問13

データのグラフ化のうち,適切なものはどれか。
  • ある製品のマーケットシェアを把握するために,レーダチャートを用いて,競合他社とのシェアの大きさを比較することにした。
  • 学習科目別のテスト結果の正答率を比較して,どの科目が弱点かを分かりやすくするために,円グラフで表すことにした。
  • 企業の売上と経常利益の間に通常は数倍から数十倍の開きがあるので,ある企業の売上と経常利益の年ごとの変化を,縦軸の最大値を金額の大きい方に合わせて折れ線グラフで表すことにした。
  • コンビニエンスストアにおける店舗ごとの売り場面積と売上の相互関係を見るために,散布図で表すことにした。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » コミュニケーションマネジメント

正解

解説

  • ある項目の構成比率をみるには円グラフまたは帯グラフが適しています。
  • 各項目のバランスを見るためにはレーダチャートが適しています。
  • 金額の差がありすぎて、小さい金額のグラフの変化がわかりにくくなってしまいます。比較する数値同士の差が大きい場合は、破線で途中の目盛を省略したグラフを用いることができます。
  • 正しい。散布図は、2項間の相関関係を調べるに適した図です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop