プロジェクトマネージャ 平成22年春期 午前U 問15

午前U 問15

要件定義フェーズにおいてBPMN(Business Process Modeling Notation)を導入する効果として,適切なものはどれか。
  • 業務の実施状況や実績を定量的に把握できる。
  • 業務の流れを統一的な表記方法で表現できる。
  • 定義された業務要件からデータモデルを自動生成できる。
  • 要件をE-R図によって明確に表現できる。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » システム方式設計

正解

解説

BPMN(ビジネスプロセスモデリング表記法)は、ビジネスプロセスをワークフローとして視覚的に表現するための手法です。11個の基本要素を用いた統一的な表記法を用いることで関係者間の隔たりを埋めることを目的としています。

したがって「イ」が正解です。
15.gif/image-size:513×255
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop