プロジェクトマネージャ 平成22年春期 午前U 問16

午前U 問16

論理データモデル作成におけるトップダウンアプローチ,ボトムアップアプローチに関する記述として,適切なものはどれか。
  • トップダウンアプローチでは,新規システムの利用者要求だけに基づいて論理データモデルを作成するので,現状業務の分析を行えない。
  • トップダウンアプローチでもボトムアップアプローチでも,最終的な論理データモデルは,正規化され,かつ,業務上の属性はすべて備えていなければならない。
  • トップダウンアプローチでもボトムアップアプローチでも,利用者が使用する現状の画面や帳票を素材として分析を行うのは同じである。
  • ボトムアップアプローチは現状業務の分析に用いられるものであり,新規システム設計ではトップダウンアプローチを使用する。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア要件定義

正解

解説

データベースを設計する際の論理データモデル作成の手順には「トップダウンアプローチ」「ボトムアップアプローチ」という考え方があります。
トップダウンアプローチ
E-R図などで表される概念データモデルをもとに具体化を進める方法。概念的なモデルに基づき、将来的な拡張性を含めた理想的な設計を行なえる可能性があるが、逆にユーザニーズを十分反映できない場合もある。
ボトムアップアプローチ
ユーザが利用している画面や帳票を抽象化してモデル化を行なう方法。直近のユーザニーズを的確に反映することができるが、将来的な拡張性、柔軟性にかけたモデルになる可能性がある。
  • トップダウン型では、概念データモデルを基にして論理データモデルを作成します。
  • 正しい。論理データモデルは、管理対象のデータが網羅され、データ間の関係が正規化および最適化されたモデルです。
  • トップダウン型では、論理データモデルの作成のために現状の画面や帳票の分析は行いません。
  • 新規システム設計でもボトムアップ型を使用することができます。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop