プロジェクトマネージャ平成27年春期 午前U 問9

午前U 問9

プロジェクトマネジメントにおけるクラッシングの例として,適切なものはどれか。
  • クリティカルパス上の遅れているアクティビティに人員を増強した。
  • コストを削減するために,これまで承認されていた残業を禁止した。
  • 仕様の確定が大幅に遅れたので,プロジェクトの完了予定日を延期した。
  • 設計が終わったモジュールから順に並行してプログラム開発を実施するように,スケジュールを変更した。
  • [この問題の出題歴]
  • プロジェクトマネージャ H25春期 問9
  • プロジェクトマネージャ H29春期 問9

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » タイムマネジメント

正解

解説

プロジェクトのスケジュールを短縮するには、大きく分けて2つの手法があります。
クラッシング
メンバの時間外勤務を増やしたり、業務内容に精通したメンバを新たに増員するなど、クリティカルパス上のアクティビティに資源を追加投入して短縮を図る。
ファストトラッキング
全体の設計が完了する前に、仕様が固まっているモジュールの開発を開始するなど、当初の計画では順番に行う予定だったアクティビティを並行して行うことによって短縮を図る。
選択肢のうちクラッシングの事例として適切なのは、アクティビティに追加資源を投入している「ア」です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop