プロジェクトマネージャ 平成29年春期 午前U 問23

午前U 問23

派遣労働者の受入れに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 派遣先責任者は,派遣先管理台帳の管理,派遣労働者から申出を受けた苦情への対応,派遣元事業主との連絡調整,派遣労働者の人事記録と考課などの任務を行わなければならない。
  • 派遣先責任者は,派遣就業場所が複数ある場合でも,一人に絞って選任されなければならない。
  • 派遣先責任者は,派遣労働者が従事する業務全般を統括する管理職位の者の内から選任されなければならない。
  • 派遣先責任者は,派遣労働者に直接指揮命令する者に対して,労働者派遣法などの関連法規の規定,労働者派遣契約の内容,派遣元事業主からの通知などを周知しなければならない。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 労働関連・取引関連法規

正解

解説

  • 派遣先管理台帳の管理、苦情の処理、派遣元事業主との連絡調整は派遣先責任者の職務ですが、人事記録と考課については派遣労働者と雇用関係にある派遣元事業主のに任務です。
  • 派遣先は、派遣事業場ごとに専属の派遣先責任者を選任しなければなりません。
  • 派遣先責任者に対して職位等の条件はありません。派遣先は、派遣先責任者の選任に当たり、①労働関係法令に関する知識を有する者であること、②人事・労務管理等について専門的な知識又は相当期間の経験を有するものであること、③派遣労働者の就労に係る事項に関する一定の決定、変更を行い得る権限を有する者であること等、派遣先責任者の職務を適切に遂行することができる者を選任するように努めなければなりません。
  • 正しい。派遣先責任者は、派遣労働者の業務の遂行を指揮命令する職務上の地位にある者その他の関係者に、労働者派遣法等の規定、労働者派遣契約の定め、派遣元から通知された内容を周知する義務があります。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop