プロジェクトマネージャ平成31年春期 午前U 問17

午前U 問17

マッシュアップに該当するものはどれか。
  • 既存のプログラムから,そのプログラムの仕様を導き出す。
  • 既存のプログラムを部品化し,それらの部品を組み合わせて,新規プログラムを開発する。
  • クラスライブラリを利用して,新規プログラムを開発する。
  • 公開されている複数のサービスを利用して,新たなサービスを提供する。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

マッシュアップ(Mashup)は、他サイトで公開されているWebサービスのAPIを組み合わせて一つの新しいWebサービスのように機能させることです。ITの深い知識がなくても、既存のWebサービスや提供されている大量のデータを組み合わせて、短期間でWebアプリケーションの開発ができることから、新しい開発技法として注目されています。

公開されているWebサービスには、SNSやサイトの情報を取得できるAPIをはじめ、Google Mapに代表される地図情報や画像認識、音声認識、動画関連、翻訳、EC情報など様々なものがあり、誰でもAPIを介してサービスを操作することができます。一からその機能を自サイトに実装するのに比べて、簡単に目的の機能を自サイトに掲載できる利点があります。
  • リバースエンジニアリングの説明です。
  • コンポーネント指向プログラミングの説明です。
  • オブジェクト指向開発手法の説明です。
  • 正しい。マッシュアップの説明です。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop