プロジェクトマネージャ平成31年春期 午前U 問22

午前U 問22

下請代金支払遅延等防止法の対象となる下請事業者から納品されたプログラムに,下請事業者側の事情を原因とする重大なバグが発見され,プログラムの修正が必要となった。このとき,支払期日を改めて定めようとする場合,下請代金支払遅延等防止法で認められている期間(60日)の起算日はどれか。
  • 当初のプログラムの検査が終了した日
  • 当初のプログラムを下請事業者に返却した日
  • 修正済プログラムが納品された日
  • 修正済プログラムの検査が終了した日

分類

ストラテジ系 » 法務 » 労働関連・取引関連法規

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2017-2019 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop