プロジェクトマネージャ 平成24年春期 午前U 問22

午前U 問22

要求の分析に当たって,データとプロセス(データの作成,読取り,更新,削除)の対応関係を検証するものはどれか。
  • CRUDマトリックス
  • FURPS+モデル
  • KAOS法
  • MoSCoW分析

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

CRUDマトリックスは、データの生成(Create)、参照(Read)、更新(Update)および削除(Delete)がシステムのどの機能で行われるかを表形式で表現したものです。
22.gif/image-size:552×232
したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • FURPS+モデルは、ソフトウェアに対する品質属性モデルです。"FURPS"は以下の6つの頭文字を組み合わせです。
    • F(Functionality)…機能性
    • U(Usability)…使用性
    • R(Reliability)…信頼性
    • P(Performance)…性能
    • S(Supportability)…保守性
    • +…その他の制約
  • KAOS法は、達成すべき目標状態をゴールとして設定し、それをサブゴールに分解していくことで詳細な要求分析を行う手法です。ゴールモデル、責務モデル、操作モデル、オブジェクトモデルという4つのモデルで構成されます。
  • MoSCoW分析は、要求をMust(必須)、Should(推奨)、Can(可能なら)、Won't(見送る)の4つの優先度に分類し、本当に必要な機能を明確にする手法です。
© 2017-2018 プロジェクトマネージャ試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop